Archive for the ‘造形基礎Ⅲ’ Category

2010.02.05

成績:造形基礎Ⅲ

評価「B」

課題1(色相環) + 2(魚)は80点、3A(点描)は75点だった。

※指導内容は後日UP

▲ Page top

2009.11.21

造形基礎Ⅲ 課題1(その5)

提出:2009/11/21

photo-781682

点描は細かいところがうまく表現できなかった。構図も。。。
とりあえず提出。

▲ Page top

2009.11.11

造形基礎Ⅲ 課題1(その4)

課題1-2は何度か塗り直しながら進行中。

課題1-3は色彩学で学んだ「点描」に再挑戦。
モチーフはハタハタと鮭の切身など。

アクリル絵具で点々を重ねてゆく。

試しにホッピーも置いてみる。

ホッピーがあるなら焼鳥も必要。

生肉に火が通るまで時間をかけて焼くとパサパサになってしまうので、水張り用の霧吹きで表面に水分を与えながら焼く。

家庭用のコンロは火力が弱いので、アルミ箔で覆って全体に火を通す。
適宜、霧吹きを。

特製の味噌を用意する。
味噌にニンニクとリンゴをすりおろして混ぜ合わせ、一味唐辛子で辛みを加える。

今日はモチーフの準備に時間がかかってしまったため、点描は描き上がらなかった。

▲ Page top

2009.10.01

成績:造形基礎Ⅲ

70点 評価「B」

ギリギリ良だった。
講評でご指導いただいた内容をふまえて「C」を予想していたので、ちょっと嬉しい。
3色の絵の具で色を表現した試みは、課題テーマの的を射ていなかったようだ。発想力とか、楽しんで描くとか、もっと大切なことがあったと思う。
嫌な色合いになってきた時点で、思い切って描き直してしまえばよかったかも。

▲ Page top

2009.09.30

秋期スクーリング:造形基礎Ⅲ

9月25日〜27日は、造形基礎Ⅲのスクーリングで吉祥寺へ。
講師は大竹先生。
課題のテーマは「色彩と感情表現」ということで、モチーフから受けた印象を3色のアクリル絵具を使って表現しようと試みた。が、ぬり絵のような仕上がりになってしまった。
講評で「南国のイメージで…」などと発表したのは、トルソに巻かれた布がラスタカラーだったからという単純な理由だ。

▲ Page top

2009.09.24

造形基礎Ⅲ スクーリングの準備

A2サイズのパネルに水張り。

準備完了。

▲ Page top

2009.09.13

造形基礎Ⅲ 課題1(その3)

色彩学の本を読んで、色の原理をよく理解する。

微妙な色の違いに注意しながら混色する。

ひとつひとつ色を塗りながら、

色相環ができあがった。

マスキングをはがし、色名を書き入れて完成。
マイフォントの件はこだわらないことにした。

▲ Page top

2009.09.07

造形基礎Ⅲ 課題1(その2)

落胆していても埒があかないので、もう一度水張りからやりなおした。
番号と色名は練習してから最後に書くことにする。


色の勉強も進めよう。

▲ Page top

2009.09.06

造形基礎Ⅲ 課題1

造形基礎Ⅲの課題1では色相環をつくる。手順は以下の通り。
1. B3の用紙を水張りする
2. メディウムを4〜5倍に薄めてたっぷりと塗る
3. コンパスと定規で色相環の下書きを入れ、マスキングする
4. 番号と色名を鉛筆で書き入れる

5. 小学生のようなマイフォントに意気消沈する

メディウムを塗った紙は消しゴムで消せなくなるんだ。

▲ Page top