2010.03.09

成績:デザインⅡ

80点 / 85点 評価「A」

1年次最後の課題となったデザインⅡは、優をいただいた。
写真もFlashもイマイチだったが、よい評価だったのでとても嬉しい。
最も苦手な掲示板のコミュニケーションも、たくさんの人に話しかけていただいたおかげでクリアできた。
感謝してます。

▲ Page top

2010.03.05

授業料を納付

すっかり忘れていた2010年の授業料を納付した。よし、今期も頑張ろう。

▲ Page top

2010.02.17

Valentine’s dayのプレゼント

母ちゃんからは Le Creuset のグリルと手作りジンジャーエール。
明日、ハンバーグを作ろう。

ケイコセンパイからは Manhattan Passage のバッグ。
A3サイズの企画書が折らずに入る。本もたくさん入る。

ありがとう。大事にするよ。

▲ Page top

2010.02.10

情報システム基礎Ⅰ 課題2

この課題が出せれば4単位取得できるんだけど、今月はどうしても時間が取れそうもない。でも、あのハードな夏スクーリングを乗り越えたし、課題1も取れたので何とかしたい。
外出先でも見れるように学習指導書の内容を載せておくことにしよう。

■2A:インターネット上の知的ツールを検証する

 インターネット上で提供されている無料の英文和訳サービスを実際に使用し、その能力と限界を検証してください。
 Web上の翻訳サイトを使用した和訳結果と原文は必ず添付し、出来れば自分が翻訳した訳文併せて提出してください。

★出題の意図
インターネット上で提供される各種の知的な道具(ツール)のうち、英和翻訳サイトを例に、実際に利用した上でその便利さと限界を体験します。
課題以外にも、辞典・辞書、地図、天気予報、列車時刻表など、各種の道具を使用し、評価してみてください。

★制作上の注意点、留意する点
和訳対象の英文と翻訳サイトの選択は任意ですが、その結果については合理的な説明が必要です。英文は適度な長さを有する文章(の全文又はその一部)を使用しますが、英語が得意でなければ英字新聞と同時に掲載された新聞記事を用いたり、対訳本を題材にしたりする等の工夫も必要です。
出題の意図で述べた通り、便利さと限界を体感したうえで、自分にとって使えるツールなのか或いはそうではないのかを評価する訳ですが、評価の基準として何を重視するかは各自の裁量です。
ユーザインターフェースを含むツールのユーザビリティ、英和翻訳の制度や構文上の得手・不得手、或いは、翻訳精度を向上させる使用上のノウハウなど、実験結果から得られた結論に基づく考察を期待します。
尚、構文上の得手・不得手については、数多くの試行から翻訳の性向を推し量るような手法も考えられますが、翻訳を掌るソフトウェアがどのようなアルゴリズムによって成立しているかに注目した(翻訳結果とその相関を実験によって確認するような)検証方法に対する工夫を軸足に置いたレポートであっても良いと思います。

■2B:インターネット時代の知的所有権を考える

 知的所有権には大きく分けて著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等がありますが、これらのうち今回はソフトウェアの著作権について、GNUプロジェクト、Copyleft、GPLについての調査結果を基に、著作権の保護について思うところを述べてください。“フリー・ソフトウェア”のフリーとは何を意味するものか、オープンソフトウェアや著作権と関連付けて考察してください。

★出題の意図
知的所有権の問題では商業活動としての側面が優先されがちであり、一例として、試用や評価の期間もなく、ソフトウェアのパッケージを開封した瞬間に使用許諾契約が締結される、という状態が一般化しています。
管理コストの都合や権利保護を目的とした販売方法であっても、それを利用するユーザの視点から、現状を見直すことによってユーザの利益とは何か、について考えてみてください。

★制作上の注意点、留意する点
Copyleftの思想を体現するGPLについては、Copyrightと対立する概念とも言われますが、FSFはそれによってユーザの利益を守ることができると主張しています。この主張の真偽を確認するには、彼らの活動の成果物であるフリーなソフトウェアを詳細に評価する必要があり、それらを実際に入手したうえで試用することが必要かもしれません。歴史的経緯や事実関係を広い視野で丹念に調査することがレポート制作の第一歩となるでしょう。
ユーザの権利意識が必ずしも高くない日本で、このような活動がどのように理解され、活動が実践されているかを含めて、問題の本質を見極め、考察の論旨を絞り込むことが出来れば良いと思います。

【制作の条件】
2Aと2Bを別々に綴じ、通信課題2のレポートとして2部同時に提出する。分少量は各々用紙4枚(表紙を除く)とします。

【制作時間】
45時間

【提出物の形式】
通信授業課題1に同じ

【提出方法】
通信授業課題1に同じ

▲ Page top

2010.02.07

進捗:2010年2月7日

1月は受注ラッシュで課題はまったく進まなかった。
2月も時間が取れそうにない。
これで2年次は2年間かけないと進級できないことが決定。
でも、仕事が増えたのは本当にありがたいこと。
引き続き頑張ろう!

【造形文化科目】
・文章表現Ⅰ
・文章表現Ⅱ
・コンピュータリテラシーⅠ
・コンピュータリテラシーⅡ
・コンピュータリテラシーⅢ
・カメラリテラシー
・色彩学(通信課題2合格) ※来年に持ち越し
・哲学 ※来年に持ち越し
・デザインマネージメント ※来年に持ち越し

【造形総合科目】
・造形基礎Ⅰ
・造形基礎Ⅱ
・造形基礎Ⅲ
・造形基礎Ⅳ ※来年に持ち越し
・グラフィックデザイン基礎Ⅰ
・情報システム基礎Ⅰ(スクーリング済み、通信課題1合格)
・デザインⅡ(提出済み:採点待ち)
・コンテンツデザイン ※来年に持ち越し
・デザインⅠ ※来年に持ち越し

★2月の目標は情報システム基礎Ⅰ(課題2)を終わらせること。

▲ Page top

2010.02.05

成績:造形基礎Ⅲ

評価「B」

課題1(色相環) + 2(魚)は80点、3A(点描)は75点だった。

※指導内容は後日UP

▲ Page top

2010.02.01

成績:グラフィックデザイン基礎Ⅰ

74点 評価「B」

課題2もBだった。これで4単位取得。
指導は夏のスクーリングでお世話になった、木多美紀子先生。
細かい所までとても丁寧に指導していただいた。

■オリジナルパレット
明度のグラデーションは、8段階が均等ではないことが気になります。黄色系は、なめらかな色差を出すのがむずかしいかも知れませんが、全体に目を配って、大きな流れをつかむようにしましょう。パレットの6色は、ほぼきれいにできていると思います。緑と青の2色が、ややブルー寄りになっているため、黄色との差が大きく、紫との差が小さくなっているようです。もう一度確認しておきましょう。

■色と文字の構成
円の重なりを生かして、万華鏡のような、あるいは、劇場のスポットライトを当てているようなイメージの構成ですね。くるくるまわりながら色が移っていくような動きが感じられて面白いと思います。ただし、全体におさまり良くまとまっているために、画面におさえつけらて、広がりがなくなってしまった気がします。広がりや奥行きをもっと出すためには、図と地の関係がはっきりわからない方が効果的です。また、分割面が均等になりすぎないよう、どこかにズレをつくっても良いかも知れません。より大きなイメージの構成になるでしょう。もうひとつ。よく見ると、とても細かい形があったり、複雑で美しくない形が目立ちます。(それらが至近距離にあるため余計気になります。)分割面は、それぞれ一点でも美しい形になり、組み合わさった状態でも美しいことが大切です。細部にまで気を配って美しい分割を捜して欲しいと思います。

※「色のサンプリング」を見ても、「オリジナルパレット」を見ても、制作の意図がはっきりしていて良いと思います。美しいものを楽しむ気持ちと、ていねいな作業をする力をお持ちだと感じます。個性やセンスを生かすために、できるだけ色々な形で可能性にチャレンジして世界を広げてください。楽しみにしています。

木多先生、ありがとうございます。
教えていただいた要点を踏まえ、今後に生かしたいと思います。

▲ Page top

2010.01.04

グラフィックデザイン基礎Ⅰ 課題2(その2)

提出日:2009/1/5

とても時間がかかってしまったが、なんとか完成した。
夜が明けたら郵便局へ行って提出しよう。

▲ Page top

2010.01.02

デザインⅡ 遠隔授業(その5)

提出日:2009/1/2

課題のウェブサイトが完成したので提出。
ご飯が何杯でも食べられる「飯の友」をテーマに、9つのレシピを掲載した。

■課題ウェブサイト

▲ Page top

2010.01.01

謹賀新年

靖国神社へ初詣。
今年も宜しくお願いします。

▲ Page top